ホントに白髪染め!?毛髪診断士が推すトリートメント級の白髪染めがヤバイ

洋服に合わせて髪をアップにしようと思ったら、白髪を見つけて仕方なくダウンスタイルに変更・・・なんて経験はありませんか?年齢のせいだと諦めがちな白髪ですが、実は頭皮の健康状態が大きく影響しているんです!そこで今回は、白髪改善に効果的な方法と、それに加えて髪をさらにキレイにするヘアカラートリートメントを紹介します。

 

そもそも白髪ってどういう状態?

毛髪に色を与えているのはメラニン色素です。メラニンをつくっている細胞は、髪を生みだす毛母細胞にメラニン色素を受け渡すことで、毛髪に色を与えています。このメラニン色素が何らかの原因でつくられなくなると、毛髪は色を失い、光を反射して白く見えるようになります。これが白髪です。

白髪にはメラノサイト(色素形成細胞)が残っているにも関わらずメラニン色素の合成を行っていないタイプ(休止型)とメラノサイトそのものが非常に減少、あるいは欠失しているタイプ(欠失型)があります。白髪の多くは欠失型です。

 

どうして白髪が増えると思いますか?

こんな生活してませんか?

分け目に白髪が目立つ場合は紫外線を多く浴びていたり、耳の後ろなど隠れた場所に集中しているならシャンプーで擦りすぎたりしてメラニン色素がダメージを受けて白髪になっている可能性が高いです。他にもバランスの悪い食事や睡眠不足など、様々な原因がありますが、毎日の生活を見直すことが白髪改善に大きく繋がると考えられています。

副交感神経、ちゃんと使ってます?

昔から苦労すると白髪が増えると言われるように、ストレスは活性酸素を増やし、血液の流れも悪くしてしまいます。すると当然、髪の毛に色をつけるメラノサイトという細胞まで栄養が届かなくなり、白髪のまま生えてきてしまうのです。さらにストレスは眠りの質も悪くし、それにより昼間に浴びた頭皮のダメージが修復されにくくなるので、こまめに解消することが大事だと言われています。そんなストレス解消のコツは、体を動かすなど、他のことに“集中する”ことだと言います。

一番簡単なストレス解消法としては、有酸素運動がおすすめです。20分ほど一定の呼吸で集中して動くことで副交感神経が優位になり、体と思考がほぐれてきます。じんわり汗をかくことで自然にリラックスモードに入れますよ。

それでもどうしようもないこともあります

白髪になりやすい人と、そうでない人がいます。これには遺伝的な要因が強いといわれ、若白髪の人は10代~20代で白髪が出はじめることもあります。また、最近の研究により白髪では黒髪に比べて、メラノサイトの生存や維持、黒化に非常に重要な働きをもつ遺伝子の発現量が低下していることがわかっています。まれなケースとして、遺伝的な原因により先天的に色素形成能力のない人も白髪になります。また部分的に皮ふの脱色が起こる白斑症が頭皮部分に起こると、その部分が白髪になることがあります。

 

このやり方で白髪が少なくなるってホント!?

現代の女性は、不規則な生活や頻繁なカラーやパーマにより頭皮へのダメージが大きいのではないでしょうか?今日からできる、白髪対策をご紹介します。

頭皮もお肌と同じ。美容ケアが必須!

まず行って欲しいのは、頭皮の美容液ケアです。最近はメラニン色素を活性化したり頭皮にハリや弾力を与えたりするものなど、様々なタイプが発売されているのでぜひ活用してみてください。ただし頭皮ケアはこれから生えてくる髪の毛を元気にするために行うものなので、半年から1年は気長に続けてほしいです。

UVカットは頭皮も同じ!頭を守って。

黒髪の元となるメラニン色素にダメージを与える紫外線は、できるだけ浴びないようにしましょう。とくに分け目は紫外線を集中的に浴びてしまうため、定期的に分け目を変えたり、UVスプレーを塗布したりして対策をしましょう。紫外線を浴びて頭皮が赤くなってしまった場合は炎症を抑えるための化粧水を塗って保湿したりすることが有効です

頭皮に栄養を届けるには?

髪の毛は毛細血管から直接栄養をもらっているので、せっかく頭皮に良いものを食べても血流が悪いと栄養を受け取ることができません。また頭には筋肉が無く、自分では動かせないので、マッサージで血行を促進して栄養の届きやすい頭皮をつくりましょう。やり方は頭を5本の指で掴むように持ち、指の腹で耳上・ハチ部分・頭頂部の順に頭皮を動かします。

毎日の食事と照らしてみてどうですか?

髪を黒くするためにはメラニン色素を活性化させることが重要ですが、この元となるチロシンという成分の働きを良くすることも大事です。チロシンが多く含まれるチーズや大豆、チロシンの働きを助けるミネラルや亜鉛を多く含む海藻類や魚介類、きのこ類を積極的に食べましょう。

白髪は年齢や遺伝だと思って諦めていた人は、正しいケアで黒髪を取り戻せるチャンス。すぐに効果が出なくても根気よく続ければ、白髪が出にくい頭皮環境をつくることが可能です。

 

白髪をケアする最終手段、わかりますか?

これまで紹介した方法を実行していけば徐々に白髪が改善されるかもしれません。しかし、今日から始めて明日には髪が真っ黒になる・・・・訳ではありませんよね。生活習慣の中で少しづつケアしていく方法と、根本的にケアする方法を組み合わせて白髪と上手く付き合うことが重要です。

それでも明日には髪が真っ黒になる方法?

それがあるとしたら、やはり白髪染めです。白髪染めなら短期的に効果を実感できますし、たくさん種類がありますが基本的にはどれを使っても染まると思います。でも、普通の白髪染めでは物足りなかったり、髪がパサパサになるのがイヤで美容室並みのクオリティが欲しい方にオススメの白髪染めがあります。

LpLp(ルプルプ) ヘアカラートリートメント

これは、白髪染めです。トリートメントのように髪に潤いを与えてくれる点が特徴です。オリジナル成分のルプルプWフコイダン配合で、簡単にトリートメント級の白髪ケアができるようになっています。詳しいことは詳細ページに譲ります。

→LpLpヘアカラートリートメントの詳細はこちらから

 

 

 

 

 

出典:ビューティーエテルナ美のラボ

タイトルとURLをコピーしました