食事制限なし!運動もなし!多忙なあなたにピッタリ、12週間でできる血糖値対策はコレです。

→今すぐに血糖値を下げたい人はこちら

 

 まずは、高血糖を放置した人の体験談をご覧ください

この方は、38歳の時に足に違和感を感じ始めてから2年放置。

のどの異常な乾きや目のかすみ、足のむくみといった自覚症状がひどくなってから40歳の時に入院しました。

しかしこの2年の放置が病状を悪化させ、足の甲をメスで切っても何も感じなくなっていました。最終的には失明・人工透析・左足切断という糖尿病の洗礼を受けることになりました。

体験談の一部をあと2つ紹介します。

健康よりも仕事優先で後悔

この方は40歳ぐらいの時に糖尿病と診断されました。営業マンとして働いていて、診断されてからも時間に不規則な生活を送りほぼ毎日取引先と酒を飲んでいました。

血糖値対策をせずに放置して、結局、失明寸前の白内障に。

最悪の事態は避けられましたが、視力がガクッと落ちて腎臓もかなり悪くなったようです。

画びょうを踏んだまま3日間気づかない・・・

この方は通院治療を続けていても血糖値が高いままでした。血糖値対策を特にせず、放置していたことが原因です。

踏んだ画びょうに3日間気づかず足が炎症を起こし、右足の指を全部切断することになりました。さらに高血糖が原因で動脈硬化が進み、心筋梗塞で入院。心臓血管手術を受けてなんとか一命を取り留めるに至りました。

 

このように、自覚症状があっても特に対策をせずに放置する人が、最終的に目を失い足を失う結果になっています。

健康診断や人間ドックにより、血糖値が高いことは分かっている人がほとんどだと思います。

「自分だけは大丈夫」と思わずに、のどの乾きや足のむくみ、目のかすみなどの症状を感じたら早めに対策することをオススメします。

→血糖値対策をしたい人はこちら

明日はあなたの番かも⁉︎ 毎日約20人が目を失い足を失う現実を見て!

網膜症(失明原因の第2位・年間約3,000人)
網膜症の眼底写真と見え方のイメージ

網膜症で失明なんて大げさだ・・・と思わないでください。

年間3,000人が糖尿病の合併症によって失明している事実があります。1日約9人なので、9:00〜18:00の間、1時間に1人は失明している計算です。

足壊疽(非外傷性下肢切断原因の第1位 年間約3,000人)
失明する人とほぼ同数の人が壊疽で脚を切断しています。
つまり、9:00~18:00の間、1時間に1人は脚を切断していることになります。会社で働いている定時間内に脚を失う人が増えているんです。
腎症(新規血液透析原因の第1位 年間15,000人以上)
年間15,000以上の人が糖尿病が原因で新たに透析を受けています。
これは失明や足壊疽になる人の5倍の数です。9:00〜18:00の間、1時間に5人も新規で透析を受けていることになります。
糖尿病があると心筋梗塞や脳梗塞の発症率が約3倍
これは上で出てきた日本人の死因第2位に直結することです。

以上より、高い血糖値をそのままにしておいてはいけない、ということがよく分かると思います。

→高い血糖値を下げたい人はこちら

 

血糖値を下げるにはどうすればいいの?

「ブドウ糖を摂る量を減らす」
または
「摂ったブドウ糖を減らす」

基本的にはこの2つしかありません。

そもそもブドウ糖を摂らない、または摂ったブドウ糖を燃焼させて減らす、このどちらかです。

「ブドウ糖を摂る量を減らす」には?

そもそもブドウ糖を摂らない訳だから、食事制限が必要となります。

食事は人間の3大欲求そのものであり、抑えることはとても難しいです。ダイエットが続かないのと同じです。ダイエットに失敗した人の約60%は、食事制限が続かないという理由です。

また、ブドウ糖は脳が使える唯一のエネルギーであるため、制限自体が仕事や生活パフォーマンスの低下に繋がり、よくないとも言われています。

→食事制限せずに血糖値を下げたい人はこちら

「摂ったブドウ糖を減らす」には?

ホルモンの分泌により自然とブドウ糖は減っていきます。このホルモンをインスリンと呼んでいます。

しかし、肥満や食べ過ぎ、運動不足といった生活習慣の乱れにより「インスリンの分泌不足」「インスリン抵抗性(インスリンが効かない)」を引き起こします。

このようにインスリンが足らない、または効かない、という状態になってしまうと食事制限や運動の継続が必要になります。摂ったブドウ糖を減らすには、運動して燃焼させることが必要です。

糖尿病患者が増えても運動する人は増えない現実

「健康づくりに関する意識調査」によると、日本人全体の81%が運動不足であり、3年連続で増加しています。一方で糖尿病患者も増加傾向にあります。つまり、糖尿病患者が増えても運動する人は増えないんです。

これは、運動による解決は現実的ではない事を意味しています。

なぜなら、続かないからです。食事制限と一緒ですね。そもそも40、50年間運動しない生活習慣が続いた人にとって、急に運動する習慣を身に着けることは至難の業です。

ならどうすれば良いのでしょうか?

 

12週間でできる血糖値対策はコレ!

知らない人がたくさんいるのですが、食事や運動以外にもブドウ糖を減らす方法があります。

それは、「生物工学会誌 第95巻 第9号」に載っています。

「5-アミノレブリン酸リン酸塩(5-ALA)」というアミノ酸化合物を摂れば、血糖値の低下をサポートし、12週間で改善が見られています。

これは、5-ALAの働きによりミトコンドリアが活性化し基礎代謝が向上したことでブドウ糖を燃焼させたため、であると考えられています。

5-ALAを摂れば12週間後には血糖値の低下が期待できることがわかります。

運動や筋トレをしなくても基礎代謝を向上させるので、ブドウ糖を燃焼しやすくなります。その結果、食事制限や運動をしなくても血糖値が低下する、という仕組みです。

→5-ALAで血糖値を下げたい人はこちら

 

つまり、5-ALAを摂れば血糖値が下がる

5-ALAを摂れば血糖値が下がることがわかりました。

では、どうやって5-ALAを摂ればいいのでしょうか?

医師や化学者でない限り、日常生活で5-ALAを摂る方法はこれしかないと言っても過言ではありません。

アラプラス糖ダウン

5-ALAを含む機能性表示食品として届け出が行われているサプリメントです。

糖の燃焼を促進して血糖値を低下させる機能が認められています。

→アラプラス糖ダウンを試して血糖値を下げる

 

飲むとどうなるの?口コミを集めました

痩せた・お腹が凹んだ、という口コミもありました。これは女性には嬉しいですね。血糖値を下げてダイエットにもなる!健康と美容を兼ね備えたサプリですね。

良い口コミ

  • 血糖値が下がった、効果があった
  • 痩せた、お腹が凹んだ
  • 体脂肪が減った
  • お買い得

悪い口コミ

  • 効果がわからない
  • 高い

→アラプラス糖ダウンを試して血糖値と体脂肪を減らす

 

気になるお値段は?

今なら初回限定で50%オフ、2回目以降も20%オフでお得です。もちろん送料は無料です。

1回目は30日分、2回目以降は60日分が2ヶ月に1回届きます。定期購入コースなので都度注文する手間が省けて便利です。効果が現れる12週間分=90日分ぐらいは続けることを勧めます。

解約・休止は、次回発送日の15日前までに連絡すればいいので、万が一合わなくても安心できると思います。

交換・返品は8日以内に連絡すれば可能となっています。

→アラプラス糖ダウンを試す人はこちら

 

各ショッピングサイトとの価格比較

Amazon

楽天市場

Amazonでは3,180円、楽天市場では3,500円で販売されていました。

一方、公式サイトでは初回限定2,450円+送料無料で販売されていますので、公式サイトが最も安くてお買い得です。

公式サイトからのご購入をオススメします。

→アラプラス糖ダウンのご購入はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参考:糖尿病ネットワーク厚生労働省人口動態統計月報e-ヘルスネット日本健康倶楽部健康づくりに関する意識調査nippon.com生物工学会誌第95巻第9号血液と血管の総合サイト高原病院厚生労働省

タイトルとURLをコピーしました