血糖値低下があなたとあなたの家族を救う!血糖値がグングン下がる方法はコレだ。

→今すぐ血糖値を下げたい人はこちら

失明なんて大げさだ・・・と思わないでください。年間3,000人の人が糖尿病の合併症によって失明している事実があります。1日約9人なので、9:00〜18:00の間、1時間に1人は失明している計算です。

健康診断で血糖値の高さを指摘されて、少しでも気になっている方はこれを読んで失明しなくてもいいように将来の対策をしっかりすることをオススメします。

 

血糖値が高いままだとどうなっちゃう?

常に血糖値が高い状態が続くと、満腹と空腹のシグナルが正常に働かなくなり、過食や肥満につながります。肥満は高血圧や心臓病、動脈硬化などさまざまな病気を引き起こしますが、中でも恐いのが糖尿病です。糖尿病はインスリンの量が減ったり、作用しなくなる病気ですが、血糖値が上がることでさらに合併症を引き起こす可能性があります。

糖尿病になってしまった場合は、失明や脚の切断につながります。

→失明・脚の切断が嫌な人はこちら

 

知ってますか?合併症の現実

三大症状として、悪化すると失明することもある糖尿病性の「網膜症」、腎不全や尿毒症など生命にかかわる重篤な症状を引き起こす「腎症」、神経伝達機能が低下し、足の潰瘍や壊疸により最悪の場合足を切断することもある「神経障害」があります。

合併症の現実

網膜症は中途失明原因の第2位(年間約3,000人)
腎症は新規血液透析原因の第1位(年間15,000人以上)
足壊疽は非外傷性下肢切断原因の第1位(年間約3,000人)
糖尿病があると心筋梗塞や脳梗塞の発症率が約3倍
糖尿病関連医療費は総医療費32兆円の約10%

→糖尿病になりたくない人はこちら

 

糖尿病の不便さはあなどれない

血糖値が高いまま放置して糖尿病になってしまうと、以下のような生活上の不便さと付き合うことになります。この先の人生を大きく狂わす事象ばかりです。

一生、インスリン注射を打つことになる。
夫の出世に影響して収入が予定通りに増えなかった。子供に不自由はさせたくないので養育費は減らせないが、それもどこまでもつか。
通院費や検査費の負担が大きい。収入が増えない中での出費増加なので、家計がとても苦しくなる。
外食に対して前向きになれない。そのことが家族にストレスを与えてしまう。

→家族に迷惑をかけたくない人はこちら

 

血糖値を改善するにはどうすればいいのか?

「血糖値が高いままだとヤバイ」、ということは分かっていただけたと思います。今度は高い血糖値を下げる方法を大きく2つ、食事と運動に分けてご紹介します。

食事

空腹状態からいきなり、糖質主体の食べ物をたくさん食べてしまうと、血糖値が一気に上昇します。すると、糖分を脂肪に変えることで血糖値を下げる働きをするインスリンが必要以上に分泌され、脂肪の蓄積が促進され、太りやすくなってしまいます。

しかも、急上昇した血糖値は急降下する傾向があるため、食欲が爆発的に増し、さらに太りやすくなってしまうのです。でも、血糖値の上昇が緩やかならば、通常、インスリンは過剰に分泌されることはありません。

肥満は、さまざまな生活習慣病の温床。血糖値の上昇を緩やかにする食品を積極的に摂って、糖尿病などの生活習慣病を予防しましょう。今回は、血糖値の上昇を緩やかにするといわれている、代表的な食べ物をご紹介します。

1.食材

  • お酢:継続的に摂取することで血糖値の上昇が緩やかになることが証明されています。(ミツカン公式HPより
  • 玉ねぎ:血糖値を下げるインスリンの働きを助ける作用があると言われています。
  • マイタケ:食物繊維には、腸内で糖の吸収を遅らせ、血糖値の急上昇を抑える働きがあります。その食物繊維を特に豊富に含むのが、マイタケ。
  • アボカド:「森のバター」と呼ばれるほど脂肪分が多いフルーツですが、その脂肪分のほとんどは不飽和脂肪酸。不飽和脂肪酸は、糖の血管への流れを遅くする働きがあるため、血糖値の急上昇を防ぐ働きがあるといわれています。
  • 納豆:納豆の原料である大豆には、食後血糖値の上昇抑制効果があるペクチンなどの食物繊維が含まれています。
  • 青魚:約5万人以上の日本人を対象にした最近の調査で、男性は魚介類摂取が多いほど糖尿病発症のリスクが低下し、摂取量が最も多い群は最も少ない群と比べ、糖尿病のリスクが約3割低下することが明らかになりました。(国立研究開発法人 国立がん研究センター 社会と健康研究センター 魚介類摂取と糖尿病との関連について
  • 牛乳:朝食で牛乳を飲んだ時と、水を飲んだときとを比較する試験を行った結果、牛乳は食後の血糖値の上昇を抑える効果があることがわかっています。

2.食べる順番

同じメニューでも食べる順番を変えるだけで、血糖値の急上昇を防ぐことができます。

空腹状態からいきなりお菓子やご飯、パンなど糖質主体の食べ物をたくさん食べるのはNGです。血糖値が急上昇し、インスリンが必要以上に分泌されて、糖分を脂肪として蓄積する働きに拍車をかけてしまうのです。

それを防ぐには、血糖値を上昇させにくいタンパク質や野菜などから食べ、糖質のパンやご飯を最後に食べること。ある程度、満腹感が得られてから食べるので、糖質の摂り過ぎも防げます。食物繊維が豊富な野菜や果物から食べるのもいいのですが、最近の研究では、食事の開始時にタンパク質を摂ることで、血糖値を下げるインクレチンの分泌を刺激できると考えられています。

運動

こうした食事の摂り方による効果をさらに高めてくれるのが、適度な運動。運動をすることで筋肉への血流が増えるとインスリンの効果が高まり、ブドウ糖がどんどん細胞の中に取り込まれ、血糖値が低下します。

最近の研究では、中等度の強度(ややきついと感じるくらい)の有酸素運動と、筋力トレーニングの組み合わせが、インスリンの効果を特に高めて血糖値を下げることがわかっています。

一方、激しい運動は血糖値を上げるホルモンの分泌を増やすため、一時的に血糖値が高くなることがありますので注意してください。強度の筋力トレーニングを急に始めると、心臓や腎臓に負担を与えてしまうだけでなく、怪我をしてしまう恐れも……。

→今の生活を変えずに血糖値を下げたい人はこちら

 

断言します。生活習慣は変えられません。

 

既に血糖値が高いあなたは血糖値を上げる食べ物が大好きなはずです。ケーキ、パフェ、菓子パン、唐揚げ、ラーメン・・・絶対に好きですよね?

家事に仕事が忙しくて休みの日は自分の好きなことがしたいと思います。キツイ運動は来週からでいいや、と。そう思うはずです。

断言します。生活習慣は変えられません。

これまで血糖値を改善する食事や運動について紹介しましたが、生活習慣は変えられません。あなたの血糖値は30年〜40年続く生活習慣によって出来上がっていて、その長い歴史を簡単に変えることはまずできないと思った方がいいです。というか、変えられない前提で将来を考えるべきです。

→生活習慣を変えずに血糖値を下げたい人はこちら

 

どうすれば血糖値を改善して将来の安心を手に入れることができるか?

「血糖値を上げない」「血糖値を下げる」この2つの観点で考えていきます。

血糖値を上げない

食生活を変えない限り、これはできません。これまでの長い生活習慣が原因の問題なので、これはできないという前提で将来を考えます。

血糖値を下げる

これはできます。正確には、糖尿病になる前の今ならまだ間に合います。

1.インスリンの量を増やす

血糖値を下げるには、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの量を増やせば良い訳ですが、簡単にインスリン注射が手に入るわけではありません。むしろ、そこまでひどくなっているのであれば大人しく病院へ通った方がいい、ということになります。

2.糖の燃焼に着目する

これは、糖を燃やして使ってしまおうという発想です。これならできます。しかも今の生活を変えずに血糖値だけが下がる可能性があります。

この方法は、糖を燃焼してエネルギーに変える活動をサポートし、食後血糖値の上昇を穏やかにすることが臨床実験で明らかになっています。血糖値の処理能力が低い人ほど大きな改善が見られています。

アラプラス糖ダウン

糖の燃焼に有効なサプリです。このサプリを使うか、生活習慣の改善に挑戦するかどちらかです。どちらもしないのは糖尿病の発病に向かうことです。食生活や運動をはじめとする生活習慣の改善は、先ほど断言した通り、できません。または「できない」前提で考えた方がリスクが少なく将来は安心だと思います。最終的にはご自身の将来の夢やご家族の生活のことを考えて決めてください。→アラプラス糖ダウンの詳細はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

出典:よく分かるインスリンヨムーノ血糖値を下げる

タイトルとURLをコピーしました